数種類の錠剤

低用量ピルは大きく分けて2種類存在しています。
1つは28錠入りの物、もう一つは21錠入りの物で、この二つの違いというのは「プラセボ薬」と呼ばれる医薬品を含むかどうかという点です。
プラセボ薬を含む物と含まない物で服用方法が若干変化する為、自分の好みに応じて服用する物を選ぶようにしましょう。

低用量ピルは月経が始まった日から飲み始めます。
ピルが入っているシートには1から21もしくは28までの番号が記述されている為、月経開始日に1の薬、翌日は2の薬……という具合に、順番に飲んでいくようにしましょう。
そして21日目まで到達した場合、21錠入りの物はこの段階で1シート分の服用が終わり、そこから7日間の休薬日に入ります。
この期間中、21錠入りの物は薬を飲む必要なく、7日経過後に新しいシートに移ってまた1錠目から服用することになりますが、28錠入りの物はこの7日間の間、プラセボ薬という薬を服用することになります。
このプラセボ薬は偽薬という物で、飲んでも何も効果がありません。
しかし、プラセボ薬を服用することによって休薬期間を設けたことによって7日経過した後に薬を飲み忘れる、という事態を防ぐことが出来る為、物事を忘れがちな人や初めて低用量ピルを利用する人にとっては非常に利用しやすいタイプの薬になっているのです。

プラセボ薬は服用してもしなくてもどちらでもよい薬なので、もし薬を飲むのを忘れてしまいそう、と不安に思っているのならプラセボ薬を含んだ28錠入りを選べば確実に飲み忘れを防ぐことができますし、絶対に忘れる事はない、という自信があるのなら初めて飲む際でも21錠タイプを選んでも構わないので、自分の好みに応じて薬の種類を変えるようにしましょう。