手に出している錠剤

低用量ピルのような避妊薬と同じような認識を持たれている薬に「アフターピル」と呼ばれる物があります。
どちらも服用することで避妊効果がある為、人によっては知識が混合してしまい産婦人科で「避妊をしたいからアフターピルをください」と言ってしまう人もいます。
しかし、これらは同じような効果があるように見えて飲み方などが全く違うので、正しい知識を身に着けて使い分け出来るようにしておきましょう。

低用量ピルは継続して服用することによって疑似的な妊娠状態を作り出し、避妊を行う効果があります。
それに対してアフターピルは疑似的な妊娠状態を作り出すのではなく、非常に多くの女性ホルモンを摂取することによって強制的に月経を引き起こし、身体が妊娠出来ない状態を作る効果があります。
その為、アフターピルは服用するだけで非常に強い負荷が身体にかかり、非常に重い副作用を起こしてしまう事があるのです。
なので、知識を混合させて必要ないのにアフターピルを服用してしまうと大変なことになってしまう可能性もあるので、充分に注意するようにしましょう。

アフターピルは避妊に失敗したときなどの緊急の場合に服用することで効果がある医薬品です。
しかし、普段からしっかりと低用量ピルを服用したり、コンドームなどを利用した避妊を行えば服用する事なく過ごす事が出来ます。
なので、常日頃からしっかりとした避妊を行い、万が一の際にアフターピルを服用するようにしましょう!